VEGAS Pro 18 使い方講座①画面構成【初心者講座】

VEGAS Proシリーズは、一般人でも非常に使いやすいプロレベルの動画編集ソフトです。

どんなソフトなのかは以下の記事をご覧くださいね。

関連記事

VEGAS Proは撮影した動画から余計な場面を切り落としたり、つなぎ合わせたり、テロップを入れたり、音声を入れたりといった動画をトータルに編集することができるソフトウェアです。 同種のソフトとしては、 「Adobe Premier[…]

当コンテンツでは、動画編集初心者向けにVEGAS Proの使い方を20回にわけて講座形式で解説しています。

解説には、VEGAS Proのバージョン18を使用していますが、最新バージョン「VEGAS 19」でも通用しますので、VEGAS Proを始めて使用される方はぜひ最初にこの講座で学んでみてください。

初心者のためのVEGAS Pro 18 使い方講座の第1回目の講座では、VEGAS Pro 18の画面構成について解説しています。

まずは、VEGAS Pro 18のユーザーインターフェースがどのようになっているのかを大まかに把握することから始めましょう。

無料動画講座

動画で学びたい方はYoutubeで公開している「VEGAS PRO 18初心者講座① VEGAS Pro 18の画面構成」をご覧ください。

動画講座の方が解説が詳しいので、動画で学ばれることをお勧めしますが、ブログ上で補足説明を追加する場合があるので、動画とブログ両方ご覧になることをお勧めします。

VEGAS Pro 18 操作画面の構成要素

VEGAS Pro 18の操作画面の大まかな画面構成は以下の通りです。

  1. メインメニュー
  2. メインツールバー
  3. ドッキングウィンドウエリア
  4. トラックリスト&タイムラインエリア
  5. プレビューエリア
  6. オーディオピークメーター(マスタバスウィンドウ)

1.メインメニュー

メインメニューからは、VEGAS Pro 18の様々な機能にアクセスすることが出来ます。

2.メインツールバー

メインツールバーには、使用頻度の高いコマンドが割り当てられたアイコンボタンが並んでいます。

メインツールバーは、「表示」メニューから表示・非表示を切り替えることが出来ます。また「オプション」メニューの「ツールバーのカスタマイズ」からボタンを追加、削除、並び替えができるので、自分好みにカスタマイズすることが出来ます。

デフォルトでは、以下の操作が行えます。

  • 新規の空プロジェクトの作成
  • プロジェクトを開く
  • プロジェクトを保存
  • 名前を付けてレンダリング
  • プロジェクトプロパティダイアログボックスを開く
  • イベントをカット
  • イベントのコピー
  • イベントのペースト
  • 操作の取り消し
  • 操作のやり直し

3.ドッキングウィンドウエリア

ウィンドウドッキングエリアには、デフォルトでは「プロジェクトメディア」、「エクスプローラ」、「Hubエクスプローラー」、「トランジション」、「ビデオFX」、「メディアジェネレーター」、「プロジェクトメモ」ウィンドウがドッキング表示されています。

必要のないウィンドウは非表示にすることもできます。

  • プロジェクトメディア:プロジェクトで使用する全てのメディアの整理・管理
  • エクスプローラ:フォルダーツリーで使用するメディアを選びプロジェクトメディアウィンドウに追加できる
  • Hubエクスプローラー:海外向けサブスクリプションプラン「VEGAS Pro 365」ユーザーのためのウィンドウ
  • トランジション:トランジションエフェクトの選択・プレビュー
  • ビデオFX:ビデオエフェクトの選択・プレビュー
  • メディアジェネレーター:テキストやタイトル、背景などのメディア生成に使用
  • プロジェクトメディア:プロジェクトメディアウィドウ:プロジェクトで使用する全てのメディアを整理・管理する
  • プロジェクトメモ:プロジェクトに関するメモを追加できる。
 

4.トラックリスト&タイムラインエリア

トラックリスト&タイムラインエリアは、大小様々な機能で構成されるエリアで、大きくは左側のトラックリストと右側のタイムラインで構成されています。

タイムラインエリアでは、映像のカット編集やエフェクトの適用などを行います。

映像編集のほとんどの作業は、トラックリスト&タイムラインエリアで行うことになります。

トラックリスト&タイムラインエリアの各機能の詳細は、第7回講座の「タイムラインの画面構成と機能」で解説を行います。

5.プレビューエリア

プレビューエリアには、「ビデオプレビュー」ウィンドウと「トリマー」ウィンドウがドッキング表示されています。

必要のないウィンドウは非表示にすることもできます。

  • ビデオプレビュー:メディア素材のプレビューやタイムライン上で映像編集を行う際のプレビューに使用する
  • トリマー:メディア素材から使用する範囲を事前にトリミングしてタイムラインに追加する時に使用する

6.オーディオピークメーター(マスタバスウィンドウ)

オーディオピークメーター(「マスタバス」ウィンドウ)では、プロジェクト全体の音量レベルを調整することが出来ます。

11/28まで!最新のVEGAS Pro 19をお安くGET!関連セット商品最大82%オフ!

2021年11月28日(日)までお得なThe Chance VEGAS X AITalkキャンペーンを実施中!
VEGAS Pro 19を62%オフの格安価格で購入できる他、期間限定販売となるオリジナルセット製品を80%オフ、映像制作・作曲・サウンド編集のすべてが出来る「クリエイターズスイート」を82%オフの超絶格安価格で購入可能!

キャンペーンページはこちら

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 18も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG