動画編集用PCを第2段アップグレード

2020年末に「AMD Ryzen 9 3900x」で動画編集用PCを自作したことを紹介しました。

関連記事

私がこれまで利用してきたメインのデスクトップPCは、すでに8年選手となってしまいました。 自作当時のハイエンドクラスCPU「Intel Core i7-3770」を積んでるだけあって今でも通常用途ではバリバリ現役で使用できるのですが[…]

Ryzen 9 3900x 自作PC

今回、この動画編集用PCの第2段アップグレードを行いましたので紹介したいと思います。

アップグレード内容

今回のアップグレード内容は、ストレージの強化です。

具体的には以下のストレージを追加しました。

  • 6TBハードディスクの追加
  • 256GB M.2 SSDの追加

6TBハードディスクの追加

購入した6TBハードディスクは、「ウエスタンデジタル WD60EZAZ」です。

今回はバルク品をとあるお店で購入しましたが、クーポンを使って9,105円というお得な価格で購入することができました。

この6TBハードディスクは、完成した動画のストック用ストレージとして使用する予定です。

ひとまずこれで、ストレージ容量に困ることはなくなるはずです。

「ウエスタンデジタル WD60EZAZ」について詳細を知りたい方は以下のレビュー記事を参照してみてください。

関連記事

動画編集用PCに搭載するHDDとしてはとりあえず6GBの容量あれば安心ですね。 今回、動画編集用PCで作成した動画の保存用ハードディスクとして、今回「Western Digital HDD 6TB WD60EZAZ」を購入しました。[…]

Western Digital HDD 6TB WD60EZAZ

256GB M.2 SSDの追加

当初の予定では、動画編集時のワーキングドライブ用に、1GBのM.2 SSDを追加購入する予定でした。

ただ、今回6TB HDDを購入したことで、以前から使用していた1TBのHDDの出番がなくなってしまいます。

そこで、せっかくの1TBのハードディスクを有効活用するために、HDDとSSDを組み合わせて高速ストレージを実現する「AMD StoreMIテクノロジー」試してみようということになりました。

それで、今回256GBのM.2 SDD「XPG SSD M.2 256GB SX8100 ASX8100NP-256GT-C」を購入したわけです。

今回Amazonで購入しましたが、在庫処分をしていたのか私が購入した時は4072円というお安い価格で購入することができました。

「XPG SSD M.2 256GB SX8100 ASX8100NP-256GT-C」について詳しく知りたい方は以下のレビュー記事を参照してみてください。

関連記事

動画編集時のワーキングドライブ用に、1GBのM.2 SSDを追加購入する予定だったのですが、「AMD StoreMIテクノロジー」を試してみたいと思い、既存の1GBハードディスクと組み合わせて使用する256GB M.2 SSDを購入しまし[…]

XPG SX8100 M.2 SSD 256GB ASX8100NP-256GT-C

AMD StoreMIについては以下の記事に検証結果をまとめています。

関連記事

AMD Ryzen 9 3900xで自作PCを組んでいるので、ハードディスクを高速化することができるAMD StoreMIテクノロジーを導入してみました。 結論を先に言えば、個人的にはAMD StoreMIはあまり魅力を魅力を感じる[…]

このAMD StoreMIですが、検証してみた結果いまいち使うメリットが薄いなと感じたので、結局M.2 SSD単体のままで使用することにしました。

現在の動画編集用PCパーツ構成一覧

自作動画編集用PCの第2弾アップグレード完了後のパーツ構成は以下の通り。

種別商品名状態調達価格
CPUAMD Ryzen 9 3900x中古45,000円
CPUクーラーNoctua NH-U12A中古8970円
マザーボードASUS TUF GAMING B550-PLUS新品13,860円
メモリCorsair VENGEANCE LPX CMK32GX4M2D3200C16 [DIMM DDR4 /16GB /2枚]新品12,973円
ストレージ(M.2SSD)Corsair 内蔵SSD Force Series MP510 480GB NVMe PCIe Gen3 x4 M.2 SSD CSSD-F480GBMP510B新品7,900円
ストレージ(M.2SSD)ADATA XPG SX8100 M.2 SSD(PCIe Gen3x4)256GB ASX8100NP-256GT-C新品4,072円
ストレージ(HDD)Western Digital HDD 6TB WD60EZAZ新品9,105円
PCケースFractal Design Define R5
※2020年6月に購入したものを流用
流用9,425円
電源SILVERSTONE SST-ST75F-P(ATX 750W 80+S P)流用
グラボELSA GeForce GTX 780 S.A.C流用
ストレージ(HDD)これまで使用していた古いSATA HDD x 2流用
DVDスーパーマルチドライブ以前から使用していたもの流用
現時点での自作PC構成パーツ一覧

現時点までのPCアップグレードにかかった総額費用は、「111,305円」※となりました。
※2020年購入の流用パーツを含む。

ポイント還元が12,536円分あるんで、実質98,769円でアップグレードできた計算です。

残りのアップグレード予定のパーツは、グラフィックカードだけとなりました。

ただ、2021年になりグラフィックカード価格が全般的に高騰していて購入するには時期が悪すぎます。

早く価格がこなれて落ち着いてくれるといいのですが、しばらくは古いグラボのまましのぐしかなさそうです。

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 18も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG