VEGAS Pro 21がBuild 187にアップデート

2023年11月8日に、VEGAS Pro 21のファーストアップデート「Build 187」がリリースされましたので、アップデート内容を紹介します。

VEGAS Pro 21 Build 187の更新内容

Vegas Pro 21 Build 187のアップデート内容は、新機能の搭載及びバグ修正と安定性の向上を含むアップデートとなります。

不具合修正が大量に行われているので、速やかに更新しておきましょう。

新機能

  • AV1デコーディング
  • AV1レンダリング
  • 再生中のスペースキーの動作を切り替える新しいボタン
  • 調整イベントのスクリプト・アクセスを追加
  • OffsetとWrapプラグインでのGPUサポート
  • スマートマスクのポイント生成の効率化
  • Mocha Proとの統合、Mocha VEGAS動作とのマッチング

改善とバグ修正

  • 最後のプラグインがチェーンから削除されると、FXウィンドウを自動的に閉じる
  • VEGAS Content から削除されたファイルから VEGAS を起動しても、クラッシュしなくなった。
  • MXHEVCプラグインの更新と改善
  • アップデートサービスの改善
  • 音声合成のためのハブログインの改善
  • エクスプローラーウィンドウのナビゲーションボタンが正しく動作するようになった
  • クラッシュダイアログにメールアドレスフィールドを追加
  • ベガスを何度も開いたり閉じたりすると、アップデートサービスがクラッシュすることがあった問題を修正。
  • 一部のVSTプラグインにおけるUIのサイズに関する問題を修正
  • エクスプローラーウィンドウで、最初のメディアファイルが選択された状態で不具合が発生することがなくなった。
  • Offset and Wrap プラグインの改良
  • ベジエマスク作成時の Mocha VEGAS 変換の改善。
  • ハードウェアの検出処理に失敗した後、未対応のメディアを追加しようとするとクラッシュすることがあった問題を修正
  • サードパーティプラグイン用OFX Interactsの改善
  • タイトルとテキストを再度開いたときにOFX Interactsが表示されなかった問題を修正
  • OFXプラグインの2Dパラメータでフルレンジが正しく使用されない問題を修正
  • Mocha VEGASでのUndo/Redo履歴の問題を修正。
  • ショット検出を使用するとクラッシュすることがあった問題を修正
  • 一部のディスプレイで水平または垂直スクロールバーをスクロールするとクラッシュすることがあった問題を修正
  • ATRAC レンダラーのカスタムテンプレートが期待通りに動作するようになった
  • OFXプラグインの異なるピクセル構成への適切なサポートを追加
  • Z-Depthプラグインでアルファチャンネルがより適切に処理されるようになった
  • AC-3ファイルが常に適切な長さでVEGASにインポートされるようになりました。
  • 特定のGo-Proファイルを読み込むとクラッシュすることがあった問題を修正
  • 一部のIntel CPUおよびGPUデコーダーのパフォーマンスとメモリ使用量のバランスを改善
  • スクリプトAPIにUNIXスタイルのパス名のサポートを追加
  • REZup FXがプラグインチェーンでPan/Cropの前に置かれた場合に、REZup FXから適切な色が出力されない問題を修正
  • MPEGオーディオを含むすべてのメディアを適切にサポートするようになりました。
  • エンベロープ編集時のVSTプラグインのパフォーマンスと応答性の向上
  • サイズ変更可能なVSTプラグインが、サイズ変更時にFXウィンドウ全体を満たすようになった
  • 一部のシステムで発生する起動時の長い遅延を修正
  • オーディオFXチェーンの構築時にクラッシュすることがあった問題を修正
  • VEGAS Hubウィンドウの初期化時にクラッシュすることがあった問題を修正
  • エフェクトのプレビューサムネイルをレンダリングする際、プラグインウィンドウでクラッシュすることがあった問題を修正
  • MKVファイルのサポート
  • 一部のeFXプラグイン使用時に発生する同期エラーを修正
  • ProResレンダリングで、行と列のピクセルが1つずつ欠落することがなくなった
  • 数年間サポートされていないAC3テンプレートを削除
  • 一部の高DPIモニターでアップデートダイアログを開いた際の表示に関する問題を修正
  • 高DPI環境でプリセットラベルが正しく配置されるようになった
  • ミキシングコンソールのUIを改善し、高DPI環境での表示を改善
  • 一部のレンダリングされたProResファイルのアスペクト比が正しくなかった問題を修正
  • PNGファイルにアルファチャンネルが検出された場合、アルファチャンネル設定を自動的に正しく設定
  • Beauty Box OFXプラグインのMin/Max範囲を修正
  • マスクの作成操作の後に[元に戻す]を実行すると、青いマスクのアウトラインが消えてしまう問題を修正
  • 調整イベントによるアルファ背景の処理の改善
  • Z-Depthプラグインのキーフレーム補間の改善
  • 一部のメディアの不適切な色変換を修正
  • 高DPI環境において、オーディオトラックのトラックヘッダーが “In “と “Out “を適切に表示するようになりました。
  • スローモーションOFXプラグインの改良
  • MP3プラグインがフリーズまたはクラッシュする可能性があった問題を修正
  • カラーコレクタ・プラグインを使用するとクラッシュすることがあった問題を修正
  • 2D位置パラメータを含むOFXプラグインの表示に関する問題を修正
  • プレビュー・トランスポート・ツールバーにデフォルトでループ再生ボタンが含まれるように変更。
  • クレジットロールプラグインを使用して編集しても、ハングアップしなくなった
  • HEVCリーダーにおけるアスペクト比処理の問題を修正
  • スマートマスクの元に戻すでアプリケーションがハングすることがなくなった
  • MXFリーダーを改良し、より多様なフォーマットに対応
  • UIアセットに関するリソースリークを修正
  • プロジェクトファイル名が非常に長い場合にクラッシュすることがあった問題を修正
  • Audio FXウィンドウの高DPI表示の問題を修正
  • カラー グレーディング パネルの自動コントラスト機能でクラッシュが発生しなくなった
  • ローカライズ版におけるVST PreferencesウィンドウのUI問題を修正
  • MPEGメディアの取り扱いが向上
  • Color Matchプラグインを使用するとクラッシュすることがあった問題を修正
  • パナソニックPX 270カメラのMXFファイルを正しく読み込めるようになりました。
  • デコード用のハードウェア選択の改善
  • カラーグレーディングパネルの使用に伴うパフォーマンスの低下を修正
  • VEGAS Contentのダウンロード体験の向上
  • ワームホールVSTがVEGASで正しく動作するようになった
  • プリレンダリングされたファイルを無効なパスに保存するとクラッシュすることがあった問題を修正
  • Nectar 3 Elements プラグインのハング問題を修正
  • カラーグレーディングパネルのホワイトバランスコントロールの温度スライダーの不具合を修正
  • ドライバ更新ユーティリティがNVidia RTX 4000シリーズカードを正しく認識するようになった
  • 調整イベントのコンテキストメニューには、これらのタイプのイベントで実際に使用可能なオプションのみが含まれるようになった
  • 最近のドライバを使用しているAMD GPUでレッドとブルーが入れ替わる問題を修正
  • 一部のイベントで、最後の数フレームで大音量のオーディオエラーが発生する問題を修正

VEGAS Pro 21の更新方法・手順については以下の記事を参照してください。

関連記事

VEGAS Pro では、不具合修正などで不定期にアップデートファイルが提供されることがあります。今回は、アップデートが提供された時のVEGAS Pro 21のアップデート方法を解説します。アップデート手順VEGA[…]

VEGAS Pro 21 アップデート方法

4/30まで!最新のVEGAS Pro 21シリーズ最大53%オフ!

2024年4月30日(火)までお得な「The Chance VEGAS 製品割引フェア」を実施中!

最新の動画編集ソフト「VEGAS Pro 21 シリーズ」3製品を最大53%オフ、プロ仕様のサウンド編集ソフト「SOUND FORGEシリーズ」3製品を最大66%オフ、プロ仕様の作曲ソフト「ACIDシリーズ」3製品を最大37%オフの超激安価格で購入可能!

キャンペーンページはこちら

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 21」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 21」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 21も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG