VEGAS Pro 18が起動できない時の対処法

現在、VEGAS Pro 18が販売されていますが、要求仕様を満たさない私の古めのデスクトップPCでは、起動時のスプラッシュウィンドウで強制終了してしまい起動する事ができませんでした。

色々調べた結果、問題なく起動させる方法が見つかりましたのでシェアしたいと思います。

Update 2(Build 373)で起動時にクラッシュする問題は修正されています。問題が発生している人は最新版のVEGAS Pro 18にアップデートしましょう。
関連記事

2020年10月31日に、VEGAS PRO 18のUpdate 2(Build 373)がリリースされましたので、アップデート内容を紹介します。 Build 334以下を使用している人は、速やかにアップデートを行いましょう。 […]

アップデート

VEGAS Pro 18が起動時に落ちる時の対処方法

起動できない症状

私の古いデスクトップPCでVEGAS Pro 18(英語デモ版)を起動させると、起動時のスプラッシュウィンドウ表示中に以下のようなダイアログが表示されて起動することができませんでした。

VEGAS Pro 18が起動しない

スプラッシュウィンドウは以下の状態で停止。

Creating file I/O manager…の所で止まっていますね。

解決方法

私の場合、以下の「So4Reader.dll」のファイル名を変更して読み込ませないようにすることで起動できるようになりました。

C:\Program Files\VEGAS\VEGAS Pro 18.0\FileIO Plug-Ins\so4compoundplug\So4Reader.dll

以下のような感じでファイル名を変更しましょう。

これだけで、要求仕様を満たさない古いPCでも以下の通り問題なくVEGAS Pro 18が起動できるようになります。

VEGAS Pro 18新機能のGPU自動検出が悪さをしている模様で、「So4Reader.dll」をリネームする事で無効にできる用です。

なお、以下のフォルダにも「So4Reader.dll」が存在し、こちらの方もリネームしないとクラッシュするというユーザもいるようです。

C:\Program Files\VEGAS\VEGAS Pro 18.0\FileIO Plug-Ins\mxhevcplug

もし「so4compoundplug」フォルダの「So4Reader.dll」のリネームだけうまく起動できなかった人は、「mxhevcplug」フォルダの「So4Reader.dll」もリネームした上で起動してみてください。

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 18も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG