VEGAS Pro 関連製品が最大66%OFF!7/30まで

VEGAS Pro 20がBuild 326にアップデート

アップデート

2023年1月23日に、VEGAS Pro 20のアップデート「Build 326」がリリースされました。

Vegas Pro 20 Build 326のアップデート内容は新機能の追加とバグ修正となっています。

Build 214以下を使用している人は、速やかにアップデートを行いましょう。

Vegas Pro 20 Build 326 アップデート内容
新機能

  • 新しいAIエンジン
  • VST3対応(フルリリース)
  • ホバースクラブのバイパス
  • – ファイルドロップワークフローのUX(ユーザーエクスペリエンス)を改善
  • 音声読み上げ機能にフラマン語オプションを追加
  • 新しい新着情報の仕組みを追加
  • 音声読み上げ機能における音声出力の高音質化
  • FXチェーンでのプラグインの追加or交換
  • 色相 vs 輝度カラーカーブ
  • 彩度 vs 輝度
  • 輝度 vs 彩度
  • ピクチャー・イン・ピクチャー・プラグインの強化
  • 言語のサポートにブラジル語・ポルトガル語を追加
  • – スマートマスク(ベータ版)
  • ウェルカム画面
  • 個々のベジエマスクポイントのアニメーション制御
  • 自動リップル編集モードが有効であることを示すインジケーター

バグ修正・改善
  • HEVCファイルの読み込み時に発生する可能性のあるクラッシュの修正
  • 属性の貼り付け機能で、現在のイベント設定を上書きする際の不具合を修正
  • オーディオエフェクトウィンドウの自動リサイズが正常に動作するようになった
  • オーディオエフェクトの自動リサイズを無効にする環境設定が正しく動作するようになった。
  • モーショントラッキング中にアプリケーションがロックされる問題が解決された
  • 32ビットVSTサポート環境設定をオフにすると、プラグインが適切にクリアされるようになった
  • ディープラーニングモジュールの自動アップデートが期待通りに動作するようになった
  • レンダリング進捗ダイアログの進捗バーと残り時間フィールドがすべてのフォーマットで正しく動作するようになった
  • スクリプトAPIのビデオイベントオブジェクトのSetResampleModeが正しく動作するようになった。
  • ビデオプレビューウィンドウでズームした際の解像度を改善
  • ビデオプレビューウィンドウのズーム描画の不具合を解消
  • ビデオプレビューのズーム中にグリッドとセーフエリアオーバーレイが正しく動作するようになった
  • 一部のAMD GPUでMotion Blurを使用した際に発生するクラッシュを修正
  • ワープフローエフェクト使用時に発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • VEGASがフォーカスされていない時に、ビデオプレビューウィンドウ上でスクロールホイールを使用した場合の予期せぬ結果を排除
  • ファイルエクスプローラが、フォルダやファイルのダブルクリックをリネーム操作として誤って解釈することがあった問題を修正
  • スマートタグとプレビューズーム機能の間でキーボードショートカットが競合しないようになった
  • 2つまたは3つ以上のアプリケーション拡張機能でVEGASを再起動すると、ウィンドウレイアウトが正しく保持されない問題を解決
  • – ピクチャー・イン・ピクチャー効果の平行四辺形モードを修正
  • VEGASがNahimicサービスを自動的に検出し、UIの破損を避けるためにWPF GPU優先度を設定するようになった。
  • HEIC イメージシーケンス用のレンダーテンプレートが適切に命名されるようになった
  • 自動更新機能で一部のGPUが表示されない不具合を修正
  • カラーグレーディングパネルが “None “と表示されたエフェクトレベルで開くことがある問題を修正
  • モーショントラッキングパネルが空のイベントでクラッシュすることがなくなった
  • ドライバー・アップデート・ユーティリティを修正し、英語をお使いの方にも正確に動作するようになった。
  • ベジエポイントとリニアポイントの組み合わせで、FXアニメーションタイムライン上に無効な曲線形状が作成されることがなくなった
  • ProResとしてレンダリングされたファイルは、VBRとして適切に報告されるようになった
  • MainConcept MPEG-1 VCD PAL テンプレートを使用して、ビデオフレームが存在しない状態でレンダリングしても、VEGAS がクラッシュしなくなった
  • プロジェクトメディアウィンドウの詳細表示からタイムラインにメディアをドラッグしても、重複したイベントが作成されなくなった
  • WMVメディアのサムネイル生成時に発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • Slow MotionプラグインやWarp Flowトランジションを適用すると不具合が発生する場合がある問題を解決
  • UIカラースキームを反映させるため、多数のメッセージボックスを更新
  • アップスケールエフェクトは、FXチェーンのパン/クロップの前に自動的に配置されるようになった
  • ユーザーがカラーグレーディングモードでない時に、誤ってイベントにカラーグレーディングプラグインが追加されることがなくなった。
  • カラーグレーディングパネルは、トラックレベルにアタッチされ、トラックが選択されていない場合、アクティブにならないようになった。
  • プリレンダリング時に、レンダリング進行ダイアログがディスクの空き容量を適切に報告するようになった
  • MXFのレンダリングは、メディアのメタデータにライティングアプリケーションを適切に埋め込むようになった
判明している問題
  • VEGAS ContentのAerialとDroneのカテゴリが空になる
  • ONNXフォーマットに変更
  • スタイルトランスファーモデルに2種類追加(ムンク-スクリーム、シンプソンズ)
  • マスクジェネレーションモデル

VEGAS Pro 20の更新方法・手順については以下の記事を参照してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

7/30まで!最新のVEGAS Pro 21関連商品最大66%オフ

2024年7月30日(火)までお得なVEGAS Pro 21 割引セールを実施中!

最新の動画編集ソフト「VEGAS Pro 21 シリーズ」3製品を最大53%オフ、プロ仕様のサウンド編集ソフト「SOUND FORGEシリーズ」3製品を最大66%オフの超激安価格で購入可能!

コメント

コメントする

目次