VEGAS Pro 20がBuild 411にアップデート

2023年6月19日に、VEGAS Pro 20のアップデート「Build 411」がリリースされましたので、アップデート内容を紹介します。

Build 403以下を使用している人は、速やかにアップデートを行いましょう。

以下に変更内容をまとめましたので参考にしてみてください。

VEGAS Pro 20 Build 411の更新内容

Vegas Pro 20 Build 411は、Build403からの主にバグ修正と安定性の向上を含むマイナーアップデートとなります。

  • Resonant Filterプラグインがハングアップやクラッシュを起こさなくなった
  • VSTプラグインが過剰なアンドゥイベントを生成することがなくなった
  • VSTエンジンの安定性の向上
  • ハング検出ダイアログが不適切なタイミングで表示されなくなった。
  • エクスプローラーウィンドウから複数のファイルをドラッグできるようになった
  • 一部のAIプラグイン使用時に発生するクラッシュを修正
  • ビデオエフェクトエディタに適切なアイコンが表示されるようになった
  • HEVCファイルのデコード時にクラッシュすることがあった問題を修正
  • AVCファイルのデコード時にクラッシュすることがあった問題を修正
  • プロジェクト・メディア・ウィンドウでのドラッグ&ドロップの動作を改善

VEGAS Pro 20の更新方法・手順については以下の記事を参照してください。

関連記事

VEGAS Pro では、不具合修正などで不定期にアップデートファイルが提供されることがあります。今回は、アップデートが提供された時のVEGAS Pro 20のアップデート方法を解説します。アップデート手順VEGA[…]

VEGAS Pro 20のアップデート方法

4/30まで!最新のVEGAS Pro 21シリーズ最大53%オフ!

2024年4月30日(火)までお得な「The Chance VEGAS 製品割引フェア」を実施中!

最新の動画編集ソフト「VEGAS Pro 21 シリーズ」3製品を最大53%オフ、プロ仕様のサウンド編集ソフト「SOUND FORGEシリーズ」3製品を最大66%オフ、プロ仕様の作曲ソフト「ACIDシリーズ」3製品を最大37%オフの超激安価格で購入可能!

キャンペーンページはこちら

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 21」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 21」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 21も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG