VEGAS Pro 18がBuild 527にアップデート

2021年5月10日に、VEGAS PRO 18のUpdate 5(Build 527)がリリースされましたので、アップデート内容を紹介します。

Build 482以下を使用している人は、速やかにアップデートを行いましょう。

VEGAS Pro 18 Build 527のアップデート内容

今回のアップデート内容は主にバグ修正およびパフォーマンスの向上ですが、すべてのVEGAS 365ユーザーにVEGAS Hub Cloudサービスのオープンベータを提供しているようです。

以下に変更内容をまとめましたので参考にしてみてください。

新機能

  • ベータ版: VEGAS 365ユーザーのためのVEGAS Hubアクセスを追加
  • 対応したハードウェアでのHEVC 10-bit 4:2:2 デコーディングに対応
  • レンダリング進捗ダイアログにディスク使用率フィールドを追加

バグ修正

  • ベジェマスクのトラッキングで、スケールと位置のトラッキングモードがなくなった
  • YouTubeとVimeoのアップロード機能が動作するようになった
  • 32以上の曲線ポイントを持つBezierマスクを回転させてもクラッシュしなくなった。
  • ハードウェアデコーダを使用できない場合、環境設定の「使用するハードウェアデコーダ」欄を無効にするようにした
  • Camera LUTを適用した後にカラーグレーディングをリセットしても、クラッシュしなくなった。
  • カラーグレーディングパネルのHLSおよび入出力スライダを調整するとクラッシュすることがある問題を修正した
  • 最近のWindows UpdateやAC3デコーディングに関する問題が解決された
  • 一括レンダリング中にVEGASを最小化すると、レンダリング進捗ダイアログも適切に最小化されるようになった。
  • ドライバー・アップデート・ユーティリティーがXe Max GPUに対応
  • プリセットを適用した後に「ビデオ手ぶれ補正」がクラッシュすることがなくなった。
  • 起動時に「名前を付けてレンダリング」ダイアログが表示されないことがある問題を修正

 VEGAS Pro 18の更新方法・手順については以下の記事を参照してください。

関連記事

VEGAS Pro では、不具合修正などで不定期にアップデートファイルが提供されることがあります。 今回は、アップデートが提供された時のVEGAS Pro 18のアップデート方法を解説します。 アップデート手順 VEGA[…]

VEGAS Pro 18のアップデート方法・手順

11/28まで!最新のVEGAS Pro 19をお安くGET!関連セット商品最大82%オフ!

2021年11月28日(日)までお得なThe Chance VEGAS X AITalkキャンペーンを実施中!
VEGAS Pro 19を62%オフの格安価格で購入できる他、期間限定販売となるオリジナルセット製品を80%オフ、映像制作・作曲・サウンド編集のすべてが出来る「クリエイターズスイート」を82%オフの超絶格安価格で購入可能!

キャンペーンページはこちら

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 18も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG