VEGAS Pro 19がBuild 636にアップデート

2022年5月31日に、VEGAS Pro 19のUpdate 5(Build 636)がリリースされましたので、アップデート内容を紹介します。

一部重要なアップデートや変更を含みますので、Build 550(Update4)以下を使用している人は、速やかにアップデートを行いましょう。

新機能

  • エフェクト用キーフレームアニメーションのカーブサポート
  • Speech to Text機能がOSの言語を自動検出。
  • OFX仕様の最新バージョンに対応するためのアップデート
  • モーションブラーFX
  • ハードウェア検出で同一ベンダーの複数GPUを扱えるようになった
  • カラーグレーディングをトラック、メディア、ビデオ出力レベルに適用できるようになった
  • カラーグレーディングパネルのブライトネスとコントラストの調整
  • イベントのロックインジケータ
  • タイトルとテキストジェネレーターのテキストが跳ねる背景
  • カラーグレーディングカーブオプションのパフォーマンスを改善
  • プロジェクト出力のアスペクト比に合わせて自動的に動画をクロップ
  • Speech to Text用にカスタマイズされた字幕の作成
  • メディアへのアスペクト比のマッチングを可能にする新設定
  • シーンとショットの検出のためのGPUアクセラレーション
  • 音声読み上げ機能に新たな言語と地域方言を追加
  • 垂直アスペクト比のプロジェクトに対応した新テンプレート
  • 垂直アスペクト比のプロジェクトをレンダリングするための新しいテンプレート

バグ修正

  • トラックレベルエフェクトを追加した後にBypass Allを選択するとクラッシュすることがあった問題を修正。
  • Border FX が GPU メモリを適切に解放するようになった
  • マウスドラッグによる速度変更時に、イベントの長さが正しく設定されるようになった。
  • 使用頻度の低いプロジェクトプロパティを別のタブに移動し、ダイアログのサイズを小さくした。
  • オーディオトラック上の「表示ボタン設定の編集」が正しく動作するようになった。
  • カラーグレーディングレイアウトにHubウィンドウを適切に表示するよう修正
  • BRAWデコードのパフォーマンス向上
  • ドライバアップデートデータベースが新しいNVidiaとAMDのカードを検出するようになった。
  • エンベロープポイント追加後、シフトキーが固まる不具合を修正
  • ハブ・エクスプローラのリストと詳細表示で、ソートとグループ化のオプションが一貫して適用されるようになった。
  • 新しいハードウェア検出は、DXGI GPUで正しく機能する。
  • VEGAS Pro 18 のノート付きプロジェクトを VEGAS Pro 19 に読み込んでもクラッシュすることがなくなった。
  • オーディオトラックのフェーズ反転が正しく動作するようになった。
  • カラーカーブFXをエフェクトチェーンに追加した時にクラッシュすることがなくなった。
  • GLトランジションプラグイン使用時に発生する可能性のあるクラッシュを修正された。
  • サブクリップメディアと回転プロパティが正しく保持されるようになった
  • サブクリップを削除しても、親メディアが再生不能になることがなくなった
  • 選択部分を隠す コンテキストメニューオプションが動作するようになった。
  • プラグインマネージャーの使用時に発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • タイムライン上でデータをペーストするとクラッシュすることがある問題を修正
  • 再生中に発生する可能性のあるクラッシュが修正された
  • 複数のイベントで不透明度やゲインをドラッグする際の動作が統一された。
  • Boris Continuum 2022.5でクラッシュすることがなくなった
  • 自動保存が終了時にハングする可能性がなくなった
  • 一部のインターレースレンダリングテンプレートの名称を修正
  • 多重化ステップに過大な時間がかかる場合、レンダリングプロセスに適切な時間情報を提供
  • タイムラインがネストされたプロジェクトをロードする際に発生するクラッシュの修正
  • タイムラインがネストされたプロジェクトをレンダリングする際に、レンダリングプログレス内の時間情報が正しく表示されるようになった。
  • インターレースフリッカーを軽減するオプションがすべてのメディアで正常に動作するようになった
  • レンダリングに1日以上かかる場合、レンダリング進捗情報を正しく表示するようになった
  • VEGASが特定のAVIビデオを読み込まない問題を修正
  • イベント上でカラーグレーディングボタンをクリックすると、そのイベントも選択されるようになった。
  • オーディオイベントの分割時に発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • ビデオプラグインウィンドウの初期検索で、長い遅延が発生することがなくなった
  • カラーグレーディングパネルでアンドゥやリドゥを適用するとクラッシュすることがある不具合を修正

ビルド636で保存されたプロジェクトは、VEGAS Pro 19の以前のバージョンで開くことができないので注意してください。

VEGAS Pro 19の更新方法・手順については以下の記事を参照してください。VEGAS Pro 18を使用して解説していますが、同じ要領でアップデートできます。

関連記事

VEGAS Pro では、不具合修正などで不定期にアップデートファイルが提供されることがあります。今回は、アップデートが提供された時のVEGAS Pro 18のアップデート方法を解説します。アップデート手順VEGA[…]

VEGAS Pro 18のアップデート方法・手順

7/28まで!最新のVEGAS Pro 19をお安くGET!関連商品最大82%オフ!

2022年7月28日(木)までお得なVEGAS「The Chance/Restartフェア」を実施中!
VEGAS Pro 19シリーズを最大70%オフの格安価格で購入できる他、映像制作・作曲・サウンド編集のすべてが出来るオリジナルセット商品「クリエイターズスイート」を82%オフの超絶格安価格で購入可能!

キャンペーンページはこちら

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 19」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 19」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 19も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG