VEGAS ProはAdobe Premiere Proより経済的でお得!

動画編集ソフトで真っ先に思い浮かぶのはAdobe Premiere Proです。

Adobe Premiere Proは、プロが使用する動画編集ソフトとしてもはやデファクトスタンダード(業界標準)と言っていいでしょう。

プロに使用されるソフトなだけに、機能は豊富で利用するにはそれなりの金銭的コストがどうしてもかかってしまいます。

個人用途で動画編集を行う場合でもAdobe Premiere Proを使いたがる人がいるのですが、本当に高いお金を出してまで個人で利用する必要があるでしょうか?

私はそうは思いません。VEGAS PROを使えば、コストを抑えつつ非常に高度な動画編集が出来てしまうからです。

そこで、VEGAS PROと Adobe Premiere Proでコスト的にどれだけの違いがあるのかをまとめてました。

Adobe Premiere Proの利用コスト

まずは、Adobe Premiere Proの利用コストを見てみましょう。

Adobe Premiere Proを使用するには、Adobe Creative Cloudのコンプリートプランを使用するか、Premiere Pro単体プランに申し込む必要があります。

Adobe Creative Cloudは、サブスクリプション型のソフトウェアですので毎月利用料が発生します。

利用するには常に料金を払い続けないといけないというコスト的なデメリットがありますが、常に最新のアプリケーションが使用できるというメリットもあります。

Adobe Creative Cloudコンプリートプランの料金

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランは、Premiere ProだけでなくPhotoshopやIllustrator、InDesign、AfterEffectといったAdobeの定番アプリやその他多くのソフトやフォント、100 GBのクラウドストレージを全て利用する事が出来るプランです。

2020年10月15日時点のAdobe Creative Cloud コンプリートプランの利用料金(税抜)は以下の通りです。

支払方法月額料金年間コスト
年間プラン(月々払い)5,680円/月68,160円
年間プラン(一括払い)65,760円
月々プラン月々払い8,980円/月107,760円

コンプリートプランを利用する場合、年間当たり非常に高額な利用コストがかかってしまいますね。

Adobe Creative Cloud Premiere Pro単体プランの料金

Adobe Creative CloudのPremiere Pro単体プランは、Premiere Proのみを利用する事が出来るプランです。

2020年10月15日時点の Adobe Creative Cloud Premiere Pro単体プランの利用料金(税抜)は以下の通りです。

支払方法月額料金年間コスト
年間プラン(月々払い)2,480円/月29,760円
年間プラン(一括払い)26,160円
月々プラン月々払い3,480円/月41,760円

Premiere Pro単体で利用する場合も、安くないコストを毎年払っていく必要があります。月々プランを利用する場合は、年間プランよりトータルコストが大きく悪化してしまいます。

VEGAS Pro 18の利用コスト

VEGAS Pro 18は買い切り型のソフトウェアなので、コストがかかるのは最初の1回きりです。

VEGAS Pro 18の基本パッケージ別の価格(税抜)については以下の通りです。

パッケージ名VEGAS Pro 18 Edit VEGAS Pro 18VEGAS Pro 18 Suite
標準価格(税抜) 14,000円16,000円 23,000円
VEGAS PRO 18シリーズの価格表

一度購入すれば対応OSがPC上で動作している限りずっと使用する事ができるので、非常に経済的です。

パッケージ毎の違いについては、以下の記事を参照して下さい。

関連記事

2020年8月27日(木)に「VEGAS Pro 18」シリーズが発売されました。 VEGAS Pro 18には、複数の販売パッケージが用意されおり、具体的にどんな種類があってそれぞれにどのような違いがあるのかを解説したいと思いま[…]

VEGAS PRO vs Adobe Premiere Pro コスト比較

VEGAS Pro 18シリーズの最上位版である「VEGAS Pro 18 Suite」の標準価格および過去のキャンペーン価格とAdobe CC Premiere Pro単体プランの年間コストが一番安い年間プランを利用する時のコスト比較が以下の表です。

VEGAS Pro 18 Suite
標準価格
Adobe CC Premiere Pro単体(年間プラン)
1年目23,000円26,160円
2年目26,160円
3年目26,160円
4年目26,160円
5年目26,160円
トータル23,000円130,800円

VEGAS Pro 18 Suiteの標準価格は、Adobe Premiere Pro単体を1年使用する場合より安く使用することが出来ます。

そしてVEGAS Proは買い切りのソフトウェアなので最初に1回支払えばずっと使用する事が出来ます。

一方、Adobe Premiere Proは使い続ける限り毎取り利用料を支払い続ける必要があります。

Adobe Premiere Pro単体プランを5年間使用した場合、VEGAS Pro 18 Suiteとのトータルコストの差はなんと5倍以上にもなってしまいます。

いやーサブスクリプション制のソフトウェアって本当に恐ろしいですね。

一般人はこんな金食い虫の「Adobe Premiere Pro単体プラン」を利用するよりも、コスト的にかなりお得な「VEGAS PRO 18 Suite」を買う方が幸せになれます。

まとめ

個人用途で動画編集ソフトを利用する際、用途によりますが大抵の場合高額なコストがかかるAdobe Premiere Proを購入する必要はありません。

VEGAS PROならプロ需要を満たすほどの機能が搭載されているにも関わらず、1回買い切り価格で購入でき、VEGAS Pro 18からは前バージョンよりもはるかに安く購入できるように価格が改訂されています。

個人で一般的なビデオ編集作業を行いたい人はコスト的に大きな軍配が上がるVEGAS Pro 18シリーズの購入をお勧めします。

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 18も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG