VEGAS Pro 20がBuild 402/403にアップデート

2023年5月2日に、VEGAS Pro 20のアップデート「Build 402」がリリースされました。

その後、2023年5月3日にVEGAS Pro 20 ビルド402以前のすべてのビルドとVEGAS Pro 19のすべてのビルドにおいて、起動に失敗する不具合が生じているため、VEGAS Pro 20 ビルド403が緊急リリースされています。

VEGAS Pro 20を使用している人は、速やかにBuild 403にアップデートを行いましょう。

VEGAS Pro 20 Build 403へのアップデート方法

以下は、ソースネクストに問い合わせて回答を得た公式な方法です。

以下よりVEGAS Pro 20 日本語版Build 403のダウンロードを行います。

ダウンロードが完了したら、既存ビルドを一度アンインストールした後に、Build 403のインストールを行ってください。

VEGAS Pro 20 Build 402の更新内容

Vegas Pro 20 Build 402は、メジャーアップデートとなっており、バグ修正といくつかの新機能を含んでいます。

以下に、VEGAS Pro 20 Build 402で行われた変更内容をまとめましたので参考にしてみてください。

新機能

  • マルチスマートマスク
  • Smart Maskの生成シェイプの改良
  • Text プロパティの転送
  • ウィンドウのドッキングの改善
  • RAW現像に使用するデバイスを選択可能
  • CUDAによるRAW処理
  • ウェルカム画面の改善
  • アップスケールプラグイン用の新しいシャープモデル
  • Mochaシェイプデータへの対応

バグ修正・改善

  • 特定のBorisエフェクトの一部のパラメータの解釈が間違っていたのを修正
  • Picture-in-Pictureプラグインのアスペクト比の処理が期待通りに動作するようになった
  • VEGAS Proのブラジル・ポルトガル語版で「ビデオファイルの交換」機能が利用できるようになった
  • 静止画プラグインの読み込み時にクラッシュする可能性のあるコードの問題を修正
  • ベジェマスクのウィンドウを閉じると、編集モードが適切に終了するようになった
  • Smart MaskがAIエフェクトとして正しく表示されるようになった
  • ステータスバーのRecord Timeインジケーターが、非常に大きな値を適切に表示するようになった
  • 再生時にCPU、メモリー、ディスクの使用率を確認できるようになった
  • ウェルカム画面の「既存のプロジェクトを開く」ボタンが、前回開いたプロジェクトの場所を記憶するようになった
  • Upscale OFXがプラグインチューザーから初めてイベントに追加されたとき、正しく動作するようになった
  • Picture-in-Picture プラグインの拡大縮小時の不具合を修正
  • カラーグレーディングパネルのコントロールのフォーカスの問題を修正
  • プロジェクトを開いたときに、タイムラインのサイズが正しく設定されるようになった
  • キーフレームが誤って作成されることがなくなった
  • Smart MaskとBezier Maskを使用したときのアンドゥバッファエラーを修正
  • Windows Explorerでメディアをタイムラインに追加する際、VEGASがメディアとプロジェクトの設定を適切にマッチングするようになった
  • 一部のNVidia GPUでStyle Transferに失敗することがあった問題を修正
  • Ctrl+Aで全選択コマンドを実行した後、エクスプローラーウィンドウで1つまたは複数のアイテムの選択を解除できるようになった
  • プロジェクトメディアウィンドウのタグボックスが正しくテキストを表示するようになった
  • トラックFXを削除するとクラッシュすることがあるのを修正
  • Colorization FXのモデリングを改善
  • 選択的過去属性で、クロップFXのパラメータが正しくコピーされないことがあった
  • アトリビュートを選択的に貼り付けても、Crop FX パラメータが誤ってコピーされなくなった
  • 起動時にクラッシュする可能性がある問題を修正
  • 球体メタデータを含むファイルの球体メタデータを正しく読み取るようになった
  • コレクションの名前が長い場合でも、ハブ エクスプローラーのボタンの表示を維持
  • 一部のVSTプラグインがハングアップしたり、アプリケーションがクラッシュしたりする問題を修正

VEGAS Pro 20の更新方法・手順については以下の記事を参照してください。

関連記事

VEGAS Pro では、不具合修正などで不定期にアップデートファイルが提供されることがあります。今回は、アップデートが提供された時のVEGAS Pro 20のアップデート方法を解説します。アップデート手順VEGA[…]

VEGAS Pro 20のアップデート方法

Build 403へのアップデートをせずに既存ビルドを起動する方法

VEGAS Pro 20 Build 403にアップデートせずに、既存ビルドバージョンを起動でするための2つの回避策が存在します。

何らかの理由で、VEGAS Pro 20 Build 403へアップデートする前に、既存Buildバージョンを起動したい方は以下の回避策を利用して起動してください。

回避策その1

  1. コンピュータのインターネット接続を無効にする
    ※可能なインターネット接続をすべて無効にすること
  2. VEGAS Pro 20を起動する。
  3. VEGAS Pro 20が起動後、必要に応じてインターネット接続を有効化する

回避策その2

  1. パソコンの時計を2023年5月3日より前の日付に手動で設定
  2. VEGAS Pro 20を起動する。
  3. VEGAS Pro 20が起動後、時計を適切な日付に戻す

4/30まで!最新のVEGAS Pro 21シリーズ最大53%オフ!

2024年4月30日(火)までお得な「The Chance VEGAS 製品割引フェア」を実施中!

最新の動画編集ソフト「VEGAS Pro 21 シリーズ」3製品を最大53%オフ、プロ仕様のサウンド編集ソフト「SOUND FORGEシリーズ」3製品を最大66%オフ、プロ仕様の作曲ソフト「ACIDシリーズ」3製品を最大37%オフの超激安価格で購入可能!

キャンペーンページはこちら

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 21」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 21」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 21も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG