VEGAS Pro 17がBuild 452にアップデート

2020年5月28日に、VEGAS PRO 17のUpdate 5(Build 452)がリリースされましたので、アップデート内容を紹介します。

Update 4(Build 421)以下を使用している人は、速やかにアップデートを行いましょう。

Build452のアップデート内容

今回のアップデート内容はバグ修正だけのマイナーアップデートとなっています。

以下に変更内容をまとめましたので参考にしてみてください。

  • ワープフロートランジションが全てのCPUで正しく機能するようになった。
  • カラーグレーディングパネルのスライダー値ボックスが全てのローカライズされたバージョンでで適切に機能するようになった。
  • ホワイトバランスが機能しない問題を修正した。
  • カラーグレーディングスライダーの変更がカラーホイール(色相環)に反映されるようになった。
  • タイムライン上のオートメーションポイントの細かな動きがすべてのケースで正しく機能するようになった。
  • HEVCメディアの処理が改善された。
  • 以前のバージョンと一貫性のある結果を可能にする自動ホワイトバランス機能の追加オプションを新たに追加した。
  • AMDデコーダーのクラッシュを修正。
  • ハードウェアデコーディングの設定を改善し、ユーザーエクスペリエンスを簡素化した。
  • eFXのプリセット選択が正常に動作するようになった。
  • m4vとm4aファイルのサポートを修正した。
  • 一部のユーザーにおいて起動時にクラッシュする問題を修正した。
  • プロジェクトメディアウィンドウでメディアを選択すると、常に正しいファイルプロパティが表示される。
  • MAGIX中間レンダリング プラグインで、プログレッシブおよびインターレース形式の 720×480 解像度がサポートされた。

最新バージョンに更新するには?

VEGAS PRO 17のアップデート方法については以下の記事を参照してください。

関連記事

VEGAS Pro では、不具合修正などで不定期にアップデートファイルが提供されることがあります。 今回は、アップデートが提供された時のVEGAS Pro 17のアップデート方法を解説します。 アップデート手順 VEGA[…]

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 18も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG