VEGAS Pro 18がBuild 434にアップデート

2021年1月25日に、VEGAS PRO 18のUpdate 3(Build 434)がリリースされましたので、アップデート内容を紹介します。

Build 373以下を使用している人は、速やかにアップデートを行いましょう。

VEGAS Pro 18 Build 434のアップデート内容

今回のアップデート内容は主にバグ修正およびパフォーマンスの向上ですが、1つ新機追加のものがあるようです。

以下に変更内容をまとめましたので参考にしてみてください。

新機能

  • ACES(Academy Color Encoding System) Ver 1.2に対応

バグ修正

  • Style Transferプラグイン使用時のクラッシュを修正
  • ColorCurvesプラグインがHDR値を適切に処理するようになった。
  • タイトルおよびテキストメディアジェネレーターでアンカーポイントが適切に処理されるようになった。
  • レイアウトの整理ダイアログのディレクトリフィールドが正しく保持されるようになった。
  • モーショントラッキングパネルでのドラッグ&ドロップ機能の改善
  • 画像シーケンスをレンダリングした後、レンダリング進行状況ウィンドウでフォルダを開くボタンが正しく動作するようになった。
  • Crop プラグインの編集中にクラッシュしていた問題を修正
  • 新しいVEGASセッションを開いた際に360モードが正しく保持されるようになった。
  • 競合がある場合にUIのGPUアクセラレーションを無効にする新しいオプションが追加された。
  • ハンバーガーメニュー設定ダイアログが高DPI環境でオプションをクリップしなった。
  • Cookie Cutterプラグインのスライダーの範囲を拡張した
  • Vimeo のアップロードが動作するようになりました
  • VideoFX、メディアジェネレーター、トランジションプラグインウィンドウが適切にフォーカスを保持するようになった。
  • 高DPI環境でRenderAsダイアログのサイズを適切に表示するようになった
  • ワープフロートランジションを含むプロジェクトにおいて、長いロード時間が短縮された。
  • リージョンが選択されていない場合、モーショントラッキングパネルのトラックボタンが無効になった。
  • タイムライン上のトラックの不透明度を変更してもイベント選択に影響しなくなった
  • エンベロープ ツールが選択されている時に、元に戻すを実行してもクラッシュすることがなくなった。
  • Windowsで現在のユーザーが変更されるとクラッシュする問題を修正
  • VEGASの起動時にビュー変換の選択が保持されるようになった。
  • モーショントラッキングパネルで空のイベントを選択してもクラッシュしないようになりました。
  • タイムライン上にイベントを描画するとクラッシュすることがあった問題を修正
  • カラーグレーディングパネルで大量のアンドゥイベントが発生しなくなった。
  • カラーグレーディングパネルのカラーホイールの描画が改善された。
  • プロジェクトをロードするときにビデオ手ぶれ補正プラグインのズームレベルが正しく設定されるようになった。
  • AC3オーディオを含む一部のMPEGファイルを読み込む際の問題を修正した。
  • メディアエフェクトは、プロジェクト メディア ウィンドウで名前を変更したメディアから削除されなくなった。
  • エクスプローラーウィンドウでお気に入りが正しく更新されるようになりました。
  • GPU検出の機能が向上した。
  • メディア効果として静止画に適用した場合、ビデオ手ぶれ補正がクラッシュしなくなった。
  • メディアエフェクトとして静止画に適用した場合、ビデオ手ぶれ補正がクラッシュしなくなった。
  • モーショントラッキングパネルを使用しているときに、いくつかのプラグインの位置パラメータをより適切に扱うようになった。
  • FX名をダブルクリックすると、デフォルトのプリセットでプラグインチェーンに適切に追加されるようになった。
  • 空のビデオ トラック上のコンポジットでドラッグ アンド ドロップが機能しない問題を修正
  • ドライバアップデートウィンドウでQuadroと3000シリーズNvidia GPUのサポートを追加
  • NVENCテンプレート使用時に発生する可能性のあるメモリエラーを修正
  • トリムハンドルのないクリップを編集するとクラッシュすることがあった問題を修正。
  • 一部のサードパーティ製メディア ジェネレータでメディア ジェネレータ ウィンドウが開かない問題が修正された。
  • HEVC 4:2:0 メディアがクラッシュしなくなった。
  • IntelプロセッサでのHEVC 4:2:2メディアのサポート強化

 VEGAS Pro 18の更新方法・手順については以下の記事を参照してください。

関連記事

VEGAS Pro では、不具合修正などで不定期にアップデートファイルが提供されることがあります。 今回は、アップデートが提供された時のVEGAS Pro 18のアップデート方法を解説します。 アップデート手順 VEGA[…]

VEGAS Pro 18のアップデート方法・手順

11/28まで!最新のVEGAS Pro 19をお安くGET!関連セット商品最大82%オフ!

2021年11月28日(日)までお得なThe Chance VEGAS X AITalkキャンペーンを実施中!
VEGAS Pro 19を62%オフの格安価格で購入できる他、期間限定販売となるオリジナルセット製品を80%オフ、映像制作・作曲・サウンド編集のすべてが出来る「クリエイターズスイート」を82%オフの超絶格安価格で購入可能!

キャンペーンページはこちら

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 18も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG