VEGAS Pro 20の初アップデートBuild 214が公開

2022年10月19日に、Vegas Pro 20の初アップデートとなる「Build 214」及び「Deep Learning Models 20.2」がリリースされましたので、アップデート内容を紹介します。

まだアップデートを行っていない方は、速やかにアップデートを行いましょう。

VEGAS Pro 20 Build 214の更新内容

Vegas Pro 20 Build 214のアップデート内容は新機能の追加とバグ修正となっています。

以下に変更内容をまとめましたので参考にしてみてください。

新機能

  • 色相対彩度カラーカーブ
  • 彩度対彩度カラーカーブ
  • カラーカーブ用カラーピッカー
  • ズーム可能なプレビュー
  • ファイルドロップ時のコメント欄

バグ修正・改善

  • GL トランジションのプリセットスクロールが適切に動作するようになった
  • 5000シリーズAMD GPUでBlack Bar Fillが期待通りに表示されるようになった
  • グラフの色相対色相の色カーブが不意にジャンプする不具合を修正
  • ハブエクスプローラーでのソートの不具合を修正
  • REDメディアがカレントディレクトリにある場合、ファイルエクスプローラーでクラッシュすることがある問題を修正
  • カラーカーブに関する様々な改良と修正
  • ビルディングのピーク時に発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • Media FXでプレビューやレンダリングエラーが発生することがある問題を修正
  • カスタムスタイルモードがアクティブな時にスタイルトランスファープリセットが適切に動作するようになった
  • 不正な 608 Closed Caption コマンドによってレンダーがクラッシュすることはなくなった
  • 属性の貼り付け機能の修正と改善
  • ProResにレンダリングする際に、カスタムテンプレートオプション「ソースによるフレームサイズの調整を許可する」を使用すると発生するクラッシュを修正
  • 一部のGPUドライバによるシャットダウン時のハングアップを防止するための変更
  • 再生中にハングアップすることがある問題を修正
  • ピクチャー・イン・ピクチャー効果がインテルGPUでより高速に動作するようになった
  • 複数のファイルを一度にインポートする場合、インポート後にプロジェクトメディアウィンドウですべてのファイルが選択されるようになった
  • 32ビットVSTサポートのオフとオンを設定するプリファレンスを設置
  • EXR ファイルがエクスプローラーウィンドウとインポートメディアウィンドウに正しく表示されるようになりました。
  • VSTエンジンへのアップグレード
  • カスタムスタイルトランスファーエンジンの高速化
  • バッチレンダースクリプトを実行するとクラッシュする場合があるのを修正
  • 360メディアで作成されるレンダーの問題を修正
  • カラーグレーディングパネルで行ったマウスホイール調整は、常に適切なコントロールに適用されるようになった。
  • VST Plugin Scannerを実行すると起動時にクラッシュする問題を修正
  • エクスプローラウィンドウのフォルダをタイムラインに追加オプションが正しく動作するようになった。
  • 環境設定ダイアログのインターフェイスのカラーオプションに、配色を正確に反映したスウォッチを追加
  • BCC+プラグインが期待通りに動作しない問題を修正
  • 32ビットプロジェクトにカラーグレーディングを適用するための、より正確な新アルゴリズムを搭載
  • 属性選択貼り付けダイアログで特定のFXを選択する機能がなくなった
  • ハードウェア検出ユーティリティを起動するメニュー項目を追加
  • VEGAS Hubにおけるプロジェクトコレクションのパフォーマンス向上
  • OGGファイルを追加するとクラッシュすることがある問題を修正
  • プロジェクト終了時に発生するアンドゥバッファーの問題を修正
  • AIプラグインのパフォーマンス向上
  • GoProおよびDJIファイルのハードウェアデコードに関する問題の修正
  • より高性能なColorizationモデル(CPUおよびGPU用)
  • 新しいカスタムスタイル転送モデル(より良い結果、より速い実行、より低いメモリ消費量)
  • より高性能で高精度なスタイルトランスファーモデル(GPUのみ)
  • より高性能でスムーズなアップスケーラーモデル(GPUのみ)

VEGAS Pro 20の更新方法・手順については以下の記事を参照してください。

関連記事

VEGAS Pro では、不具合修正などで不定期にアップデートファイルが提供されることがあります。今回は、アップデートが提供された時のVEGAS Pro 20のアップデート方法を解説します。アップデート手順VEGA[…]

VEGAS Pro 20のアップデート方法

今回のアップデートにおける注意事項

1.ウィンドウレイアウトに問題が発生する場合あり

このアップデートの初回起動時に、ウィンドウレイアウトに問題が発生する場合があります。

この問題を解決するために、ウィンドウレイアウトをリセットする必要がある場合があります。

2.Deep Learning Modelsのアップデートについて

Deep Learning Modelsのアップデートを促す画面は表示されません。

アップデートを行うには、VEGAS Creative SoftwareのウェブサイトからDeep Learning Modelsのインストーラーをダウンロードし、手動で行う必要があります。

「Deep Learning Models 20.2」のインストーラーは、以下のURLからダウンロードすることが出来ます。

ダウンロードして、自分でインストールを行ってください。

4/30まで!最新のVEGAS Pro 21シリーズ最大53%オフ!

2024年4月30日(火)までお得な「The Chance VEGAS 製品割引フェア」を実施中!

最新の動画編集ソフト「VEGAS Pro 21 シリーズ」3製品を最大53%オフ、プロ仕様のサウンド編集ソフト「SOUND FORGEシリーズ」3製品を最大66%オフ、プロ仕様の作曲ソフト「ACIDシリーズ」3製品を最大37%オフの超激安価格で購入可能!

キャンペーンページはこちら

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 21」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 21」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 21も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG