Corsair Force Series MP510 480GB NVMe PCIe Gen3 x4 M.2 SSD CSSD-F480GBMP510Bレビュー

先日、2020年12月に作成した動画編集用自作PCを紹介しました。そのPCに採用した、ストレージ「Corsair Force Series MP510 480GB NVMe PCIe Gen3 x4 M.2 SSD CSSD-F480GBMP510B」について今回はより詳しく紹介・レビューしたいと思います。

関連記事

私がこれまで利用してきたメインのデスクトップPCは、すでに8年選手となってしまいました。 自作当時のハイエンドクラスCPU「Intel Core i7-3770」を積んでるだけあって今でも通常用途ではバリバリ現役で使用できるのですが[…]

Ryzen 9 3900x 自作PC

CORSAIR Force MP510 NVMe PCIe Gen3 x4 M.2 SSD CSSD-F480GBMP510Bとは?

CORSAIR Force MP510 NVMe PCIe Gen3 x4 M.2 SSD CSSD-F480GBMP510Bは、米国に本拠地を置き世界50ヶ国以上で展開するPCパーツ&周辺機器製造のリーディングカンパニー「Corsair Inc.」が販売するM.2 SSDです。

SSD容量は480GBで、高速な NVMe PCIE GEN3 x4のM.2に対応し、最大 3,480MB/sec のシーケンシャル読み取り、最大 2,000MB/秒のシーケンシャル書き込みを実現しています。

同一シリーズとして、他に240GB、960GB、1920GB、4TBモデルも販売されていて、960GB、4TBモデルは、最大3,000MB/秒の高速なシーケンシャル書き込みに対応しています。

  • メジャーなM.2 Type 2280フォームファクター
  • 高速な NVMe PCI Express 3.0 x4インターフェース対応
  • 3D TLC NANDフラッシュを採用
  • シーケンシャル読込速度 最大3,480MB/s
  • シーケンシャル書込速度 最大2,000MB/s
  • CORSAIR SSD Toolboxソフトウェアに対応
  • 5 年間 CORSAIR 総合保証付き

商品仕様

SSD容量

480 GB

フォームファクター

M.2 2280

SSDインターフェース

PCIe Gen 3.0 x4

NAND テクノロジー

3D TLC NAND

SSD SMARTサポート

対応

シーケンシャルリード(CDM)

最大3,480MB/s

シーケンシャルライト(CDM)

最大2,000MB/s

4Kランダムリード(IOMeter)

最大120,000 IOPS

4Kランダムライト  (IOMeter)

最大490,000 IOPS

重量

0.055kg

寸法

80mm x 22mm x 3mm

消費電力 active

平均6.7W

消費電力 Inactive

30mW

電圧

3.3V, +/- 5%

耐久性

360 TBW

MTBF(平均故障間隔)

1,800,000 時間

DEVSLP

L1.2 < 2mW

暗号化

AES 256-bit Encryption

保管温度

-40°C to +85°C

動作温度

0°C to +70°C

保管湿度

93% RH (40° C)

動作湿度

90% RH (40° C)

耐衝撃性

1500 G

振動

20Hz~80Hz/1.52mm, 80Hz~2000Hz/20G

モデル別比較

CORSAIR Force MP510シリーズの各モデルの主な違いを以下の表にまとめましたので、モデル選択の参考にしてみてください。

 

Corsair Force MP510 series NVMe PCIe M.2 SSD 240GB

Corsair Force MP510 series NVMe PCIe M.2 SSD 480GB

Corsair Force MP510 series NVMe PCIe M.2 SSD 960GB

Corsair Force MP510 series NVMe PCIe M.2 SSD 1920GB

Corsair Force MP510 series NVMe PCIe M.2 SSD 4TB

型番

CSSD-F240GBMP510

CSSD-F480GBMP510B

CSSD-F960GBMP510B

CSSD-F1920GBMP510

CSSD-F4000GBMP510

発売時期

2018年10月20日

2020年3月

2020年3月

2019年1月

2020年6月6日

容量

240GB

480GB

960GB

1,920GB

4TB

最大シーケンシャルリード(CDM)

3,100MB/s

3,480MB/s

3,480MB/s

3,480MB/s

3.480MB/s

最大シーケンシャルライト(CDM)

1,050MB/s

2,000MB/s

3,000MB/s

2,700MB/s

3,000MB/s

最大ランダムリード(QD32 IOMeter)

180K IOPS

120K IOPS

280K IOPS

485K IOPS

580k IOPS

最大ランダムライト(QD32 IOMeter)

240K IOPS

490K IOPS

700K IOPS

530K IOPS

680k IOPS

耐久性

400TBW

360TBW

720TBW

3,120TBW

6,820TBW

価格の違いについては以下を参照してください。

商品紹介

パッケージ表面。

パッケージ裏面。

箱から中身を取り出すとこんな感じ。

製品裏側はこんな感じ。

転送速度を計測してみた

CrystalDiskMarkを使用して、「CORSAIR Force MP510 NVMe PCIe Gen3 x4 M.2 SSD CSSD-F480GBMP510B」の転送速度を計測してみました。

結果は、シーケンシャルリード、ライトともにほぼ公称値と同程度のスピードが出ています。

RAND4K(4Kランダムアクセス)の書き込みスピードがやたら早い結果が出て驚いています。

まとめ

今回購入したCORSAIR Force MP510シリーズの480GBモデルの最大シーケンシャルライト速度は2,000MB/sなので、960GBモデルの3,000MB/sと比べると見劣りしてしまうのですが、読み取り速度は速いし価格を考えると、システムドライブ用に選択する価値はあるのではないかと思います。

すでに使用して約1か月ほどたちますが特にトラブルもなく安定稼働しています。

480GBのSSD容量はシステムドライブとして使用するのにちょうどいい容量なので、システムドライブ用のM.2 SSDを探している人は、「Corsair Force Series MP510 480GB NVMe PCIe Gen3 x4 M.2 SSD CSSD-F480GBMP510B」の購入を検討してみるといいでしょう。

>初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

初心者でも使いやすい「VEGAS Pro 18」

プロが使用する動画編集ソフトとしてメジャーのは「Adobe Premiere」ですが、非常に高コストだしUIが複雑で初心者が使いこなすのはハードルが高いです。

VEGAS Pro 18も、Adobe Premiereに負けず劣らず高機能で、プロ仕様に耐える動画編集ソフトなのですが、直感的に操作する事ができるので初心者でも簡単に扱うことが可能なんです。

さらに、1回きりの買い切りライセンスなので、Adobe Premireりよもはるかに運用コストがお得です!定期的に行われる大幅割引で購入可能なキャンペーンを利用すれば非常に安くプロ仕様の動画編集ソフトを手に入れることができます。

CTR IMG